年下男性にモテるにはリードすると良い?

今の世の若い男性は、彼女と割り勘は当然、何かを決めるときにも全部男性が決めるのではなくて、二人で決めたい。

 

というように、彼女がいても男性は「自分がリードする」という思考を持っていません。

 

ただ、全ての若い男性がそうだとは限りません。

 

でも、男女平等という意識が社会に根付いてきている環境で育って、親の世代でも亭主関白のような夫婦関係が見られなくなってきています。

 

 

 

今現在の男女関係では「男がリードするもの」という感覚はなくなってきているのは確かです。

 

「男がリードするといっても、どうすればいいのか?何か面倒くさい…」

 

おそらくこんな感覚でしょう。

 

こんな感じの男子が増えて、一般化してきています。

 

 

ただ、女性としてはデートなんかでもリードしてほしいし、お金も少しは出してほしいし、「俺について来い!」みたいなタイプの男子に魅力を感じるのは確かです。

 

でも現実は、全然リードしてくれる素振りどころか、女性が引っ張っているというそんな失望感を抱いている若い女性も多いのではないでしょうか?

 

20代の女性が40代の男性に憧れるという現象が起こっていると本が出版されたことが時代を反映しているのではないでしょうか?

 

 

晩婚化や恋人がいない若者が増えてきていることの原因は、このような若い世代の男女間の恋愛観や需要と供給の不適合が起こっているからではないでしょうか?

 

じゃあ、こんなリードしない若い男性たちにとって理想的な女性はどんな人なのでしょうか?

 

それは「リードしなくてもよい相手」でしょう。

 

 

バツイチの、バツありの女性にとって、そんな男性を家庭的にサポートしてあげたり、甘えさせたりすることは、結婚経験があるゆえにお手のものではないでしょうか?

 

結婚経験のある女性は、若い女性に比べても男性がちょうどよいと思える心地よいゾーンを格段に見極められるのではないでしょうか?

 

はじめのころは相手もやる気になってデートをリードして引っ張っていこうとしているのならば、それはそれで相手にお任せしてあげて、相手がいろいろなんでも決めるのに疲れてきたと感じたときに、今度は逆にリードしてあげればいいのです。

 

 

このような駆け引きができるので、世の若い男性たちは、上手に男を立ててくれるなら「そこまで頑張らなくてもいいや」と結婚経験ありの女性に心地よさを感じるのです。

 

だから、バツイチ、バツありだし、若い男性なんてもってのほか…と消極的にならずに、次の王子様の候補には、年下男性をぜひメイン候補としてあげてみてください。

 

 

Posted by koh