バツイチ女子、男子の今どきの再婚活動は?

結婚関連業界もどんどん進出してきているバツあり男女の再婚活動についてもう少し詳しくお話しします。

 

イオングループの大手結婚相談所 ‟T社” の話によると、20~30代で婚歴ありの会員さんが少しづつ増えてきていて、今現在は会員全体の10~12%ほどが婚歴ありの方だそうです。

T社は以前、婚歴ありの方を対象にパーティーを開いていたそうですが、ここ最近では離婚がめずらしいことではなくなってきているので、婚歴ありの方に特別な枠を作らなくてもよくなってきているそうです。

それどころか、子供連れでも婚活したいというシングルマザーの会員さんの要望により、会場で保育士が子供をみてくれるという新たなパーティーを開催しています。

 

今や離婚は特別なことではないんです。

特に、相手のプロフィールを見てから紹介してもらうお見合い形式ではなく、パーティーで会って人柄から相手を見極めるようなイベントの場合、バツがあろうとなかろうと関係ないことだという方が多くなっているのでそうです。

 

また、プロフィールから相手を選ぶような場合でも、最初から婚歴のあることをきちんと示せばいいのです。

それはなぜかというと、それを見てあなたに会いたいという方がいれば、その人はすでに『婚歴ありの女性に理解のある男性』ということになるので、そこで苦労するようなことはありません。

自分の趣味や夢、特技、性格などをしっかりアピールされていれば、そこで会ってみたい!という方は出てきます。

 

ここで大切なのは、趣味や価値観、性格といった部分が重要になるので、婚歴があることを隠す必要などありません。

ただし、離婚したこと、婚歴があることを必要以上に考えてしまい、ネガティブな思考に陥ってしまっているのなら、そこを少し矯正する必要はあります。

 

離婚でつらい思いをしたり、バツイチだからとまわりに言われて傷ついた方の中には、自分に自信が持てなくなっている方が多いのも事実です。

だから、まずは自信を取り戻すことから始めるといいと思います。

 

 

実際の話、再婚にたどり着いている女性は、皆さんとても元気でイキイキしていることが多いです。

イキイキしているだけじゃなくて、さらに前の経験を踏まえて、いたって冷静に再婚を判断しています。

 

幸せになれる!と自信を持ったバツイチ女性は強い

 

「未婚の方だと理想が高すぎたり、どこで折り合いをつければいいのかがわからなかったり、異性とどうコミュニケーションとればいいのかがわからなかったりしていることがあります。」

「かたや婚歴のある方は、未婚の方と比べて男女の妙がよくわかっています。」

「結婚がどういうものかもすでに経験済みなので、未婚の方とは全然違います。」

というのはT社の担当者のご意見です。

異性と生活するという経験をしているからこそ次の結婚に向けての基礎はしっかりできるということになります。

 

『バツイチ、離婚経験者は、婚活市場でも強い!』

ということはしっかりと胸に刻んでおいてください。

Posted by koh